初心者の方にお勧めのつるバラピエールドゥロンサール

育てやすいつるバラピエールドゥロンサール

株いっぱいに大輪の花を咲かせてくれるつるバラ、ピエールドゥロンサール。

華やかな花姿もさることながら、深緑の照葉との対比の美しさ、病害虫にも強い強健さ、株の仕立てやすさなど、どこをとっても優秀で、世界でも殿堂入りを果たしています。

初心者の方に、まずはじめの一株に間違いないバラです。

ピエールドゥロンサールの魅力

まず一目見て、「このバラの名前は何ですか?」と尋ねられるお客様は後を絶ちません。

クリーム色から中心にかけてのピンク色のグラデーションに深いカップ咲。

大輪で幾重にも重なる花びらは豪華絢爛で、まるでどこかの国のプリンセスのような雰囲気をまとっています。

性質も強健で病害虫にも強く、素直に大きく生育してくれます。

ピエールドゥロンサール仕立て方おススメ

ピエールドゥロンサールは広い場所でのびのび育てるのがおススメです。

大きく育つ品種のわりにステムが短く株姿が暴れないので

広い壁面、大型のアーチ、フェンスなど、あらゆる場所に向いています。

カーポートやパーゴラの天井部分に誘引して、少しうつむいた花姿を下から見上げるように仕立てても素敵かもしれません。

反対に、大きく育ちすぎるので、小さいアーチやオベリスクなどでは扱いきれないことがあります。

短く切って仕立てても花をつけてくれますが、やはりのびのび育てたほうが、このバラの魅力を楽しめるでしょう。

ピエールドロンサールのデメリット

ピエールドゥロンサールは一季咲です。

この可憐な花が一年中見られたらなぁと思うこともありますが、この豪華絢爛な花姿は一季咲ゆえだからかもしれませんね。

株が充実してくると、秋にもぽつぽつと咲いてくれることがあるようです。

それから、香りも少なめです。

香りの少ないバラというのは花もちがいいといわれています。

やはりピエールドロンサールも花もちは抜群なのですが、この外見で香りが少ないのは少し寂しいですね。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました