つるアイスバーグ と木立性のアイスバーグの枝替わり

ホワイトガーデンに欠かせないつるアイスバーグ

ホワイトガーデンとは、真っ白な花だけを植栽した庭のこと。

彩り豊かなガーデンももちろん素敵ですが、花色を白だけに限定したホワイトガーデンは幻想的で夢のような風景に違いありません。

そんな白の世界を作るのに外せないのがつるアイスバーグ。

世界バラ会議でも殿堂入りをはたしている名花中の名花です。その純白ぶりはいつ見ても惚れ惚れします。

純白で透明感のある花びら、つるはしなやかで葉の色も明るめなので、優しい雰囲気を醸し出してくれます。

そして特筆すべきはそのおおらかな生長力。

広さと高さが十分なところに植栽し大きく育てれば、持てる力を十分に発揮できると思います。

一株植えれば大きめのパーゴラや2階の高さの壁面を覆うほど生長し、満開時は圧倒的な美しさの景色を作ってくれます。

それでいて性質は強健で育てやすく、日陰でも咲いてくれるとても使い勝手のいい品種です。

 

アイスバーグと他の品種とのコラボレーションを楽しむ

大きなパーゴラを覆っているのはアイスバーグと、フランソワジュランビル。

アイスバーグは純白の中輪花で、つるはしなやかで葉も明るい緑色なため、ほかのバラと組み合わせての植栽もおススメです。

主張の強い大輪のバラ、個性的な色のバラなどでもアイスバーグと組み合わせることで、風景になじみ、それぞれの魅力を引き立てることが出来ます。

フランソワジュランビルは可愛らしいピンクの小輪のバラですが、旺盛な生長力とその花付きはアイスバーグ以上かもしれません。

このパーゴラの下でティータイム、なんてまさに夢のような光景でしょうね。

つるアイスバーグだけじゃない、木立性のアイスバーグ

木立性のアイスバーグ

アイスバーグはつる性と木立性があります。

つる性は大きく伸びて一季咲なのに対し、

木立性のアイスバーグは花の美しさはそのままに、真冬以外は年中咲いてくれるような四季咲き性を持っています。

もちろん強健で育てやすいところは変わらないので、つる性を育てられる大きなスペースない場合、木立性という選択肢もあります。

木立性のアイスバーグは白だけじゃない!ピンクや濃厚なパープルも

木立性のアイスバーグは白が有名ですが、実はピンクや紫の変異体(枝替わり)もあります。

強健な性質はそのままにそれぞれの色の個性が楽しめます。

ブリリアントピンクアイスバーグ

ピンク枝替わりがこちらの「ブリリアントピンクアイスバーグ」
白地に刷毛で色をのせたようなピンクが愛らしいです。

 

 

バーガンディアイスバーグ

さらにもうひとつアイスバーグシリーズとして「バーガンディアイスバーグ」
バーガンディとは”ワインのような赤い色”という意味があります。
フランス語は”ブルゴーニュ”。ブルゴーニュといえばワインでおなじみですね。

バーガンディアイスバーグはアイスバーグの強健さをそのままに、シックな花色と気品あふれる佇まいが特徴的です。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました