スポンサーリンク
バラのこと

秋バラの魅力と楽しみ

ひんやりとした空気と、肌に受ける日差しが気持ちの良い季節になりました。 きびしい夏を乗り越えて、だんだんと低くなっていく気温の中でゆっくりと咲いていく秋のバラ。 春のように一気に咲き乱れることはありませんが、お花一つ一つの個性を...
2018.11.12
バラの管理

バラの誘引の工夫・アイスバーグでグリーンカーテン

白バラの名花アイスバーグ 白いバラを代表する名花「アイスバーグ」。 花の美しさはもちろん、強健で育てやすい所も評価され、世界バラ会議で殿堂入りも果たしています。 こちらは春のアイスバーグの様子です↓  ...
2020.07.09
バラの管理

バラの夏剪定・方法とポイントは?

バラの夏剪定とは? 四季咲きの木立、シュラブに対して、開花時期を10月後半から11月上旬に合わせるために意識的に行う剪定のことです。 バラは剪定し、新芽が出てから45日前後(品種による)で開花するとされており、名古屋の地域では9...
2020.09.28
病害虫について

バラの病気、黒星病

黒星病はバラにとって最もポピュラーでやっかいな病気。 完全な防除根絶は難しいので、うまく付き合っていきましょう。 黒星病とは? 黒星病とは、黒点病とも呼ばれ、バラを栽培していくうえで切っても切り離せない最もポピュラーな病気と言える...
2018.11.02
バラの管理

夏の間の管理、摘蕾のやりかた

夏の間の管理として、摘蕾(てきらい)を行います。 摘蕾とは? 摘蕾とは、株の体力温存の意味をもって、わざと花を咲かせない、意図的につぼみを摘み取ってしまうことを言います。 夏は気温が高いせいで、つぼみの充実が十分でなく、あまり良い...
2018.10.17
バラの管理

夏の間のバラの管理

梅雨を乗り越えて暑さ本番。 人にとってもバラにとっても夏は過酷な季節です。 秋に素晴らしいお花を咲かせてもらうためにも、夏の過ごし方がとっても重要。夏の間に注意したいポイントをいくつかあげておきます。 夏の過ごし方のポイント ...
2019.08.10
バラの管理

バラの冬メンテナンス,最重要ポイントはこれ!

みなさま、バラをやっていくうえで一番重要なお手入れってなんだと思いますか? 水をやり忘れないこと? 病害虫から守ってあげること? 肥料を切らさないこと? どれもきちんとやっているはずなのに年々花付きが落ちていっている...
2018.11.02
バラの管理

お庭がない!鉢植えでもバラ栽培はできる?

「バラを育ててみたいけど、お庭がなくて。。鉢植えでもできる??」 とは、お客様からよく寄せられるご質問です。 結論から言わせてもらうと 「もちろんできます!」 鉢植えでのバラ 使用する鉢は木立で8号以上、つるバ...
2018.10.17
バラの管理

地植えvs鉢植え どっちがいい?メリットとデメリット

地植えでも鉢植えでも楽しめるバラ栽培。 どちらがいいということはなく、やはりそれぞれメリットとデメリットがあります。 地植えの魅力 地植えにした時の魅力はそのダイナミックさ! 大地に根を張り、悠々と枝を伸ばした先に咲きこぼれ...
2019.01.31
病害虫について

バラに集まる益虫いろいろ

バラに集まるのは害虫だけではありません。 人間にとって有益な虫の事を「益虫」といいます。 アシナガバチ 姿はスズメバチとよく似ているため、混同されがちですが後脚が長いのが特徴です。 夏の間、バラにつく幼虫類をハントし...
2018.11.02
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました